解決までの流れ

交通事故トラブルの早期解決は、心と体のケアにもつながります!

交通事故のトラブルに巻き込まれたら、予期せぬ事態に混乱される方がほとんどだと思います。しかし、交通事故の案件をスムーズに納得できる形で解決するためには、焦らず的確に処理を行うことが重要です。できるだけ早く弁護士にご相談いただくことが、早期解決につながるでしょう。

1交通事故発生

交通事故が発生したら、自分で事故の規模を判断してしまうのではなく、すぐに警察に届けて実況見分を受けてください。実況見分を受けることで交通事故証明書が作成されます。

2弁護士に相談

弁護士への相談は様々なタイミングがあると思いますが、できればこの時点では弁護士に相談しておくのがベストです。保険会社との交渉という点でも有利ですが、まずは治療に専念していただきたいからです。もし、費用などに不安がある場合は、保健に『弁護士特約』が付いているかを事前に確認しておくと、相談しやすいでしょう。

3保健会社へ連絡

加入している保険会社に事故の通知を行います。保険内容の確認とあわせて、『弁護士特約』が付いているかの確認をしましょう。

4病院で受診

交通事故に遭遇した場合は、受診する必要はないと判断せずに、すぐに病院で受診してください。この場合、接骨院や整骨院の治療で済ませるのではなく、病院で診断を受けるようにしましょう。後に症状が出てくるということもありますし、評価の際にも重要になります。

5解決方法の選定

ご依頼者様の話や状況を見させていただいたうえで、解決方法を検討します。ご依頼者様へのヒアリングをもとに、最適な解決方法をご提案させていただきます。

6各書類の取り寄せ

ここでは、損害額の交渉に必要な書類を取り寄せます。 交通事故証明書・診断書・診療報酬明細書・領収書・源泉徴収票・給与明細書・確定申告書・後遺障害診断書などがあります。

7自賠責保険金を取得

後遺症の等級認定が行われ、それに応じた自賠責保険金が入金されます。自賠責保険金に納得できなかった場合、異議を申立てます。

8損害金の請求

認定された等級や、被害者の損害を考慮して、損害金を算出します。その内容を相手方の保険会社に請求します。

9示談交渉・協議

保険会社との示談交渉に入ります。

10示談書の作成

示談交渉の結果、示談書を作成します。その後、示談金が被害者に振り込まれます。

示談交渉が不成立になったら… 。
示談交渉がまとまればいいのですが、成立しない場合もあります。
その場合は、ご依頼者様の意向を聞いたうえで、下記の方法に進みます。

1(財)交通事故紛争処理センターの示談斡旋

2(財)日弁連交通事故相談センターの示談斡旋

3民事調停の申立

4訴訟

案件の内容や、ご依頼者様の状況にもよりますが、調停や訴訟になると解決まで時間がかかる場合もあります。
ご依頼者様の負担ができるかぎり軽減できる事を第一に考え、スムーズに解決するために最善を尽くします。